スポーツ

古賀稔彦の嫁(妻)は早苗で顔画像や年齢は?息子や娘など家族構成についても

古賀稔彦の嫁(妻)は早苗で顔画像や年齢は?息子や娘など家族構成についても

柔道家の古賀稔彦さんの現在の嫁(妻)は早苗さんといい、3人の子供がいるといいます。

嫁の早苗さんとの結婚は再婚で、実は古賀稔彦さんは離婚歴がありました。

再婚相手で現在の嫁でもある早苗さんとは一体どんな人なのでしょうか。

3人の子供などを含めた現在の家族構成も気になります。

今回は「古賀稔彦の嫁(妻)は早苗で顔画像や年齢は?息子や娘など家族構成についても」と題し、

  • 古賀稔彦さんの嫁(妻)早苗さんの顔画像と年齢
  • 古賀稔彦さんの息子や娘など家族構成

について情報をまとめていきます。

古賀稔彦の嫁(妻)は早苗で顔画像や年齢は?

柔道家の古賀稔彦さんの嫁(妻)は早苗さんの年齢は明らかとなっていないものの、顔画像はこちらです。

 古賀稔彦の嫁(妻)は早苗で顔画像は?息子や娘など家族構成についても

画像引用元:YouTube

最新画像に関しては記事最後でもご紹介しています。最後でご紹介する画像はサングラスを着用しているため顔ははっきりとわかりません。

2012年に撮影されたものになりますが、画像からも目鼻立ちがぱっちりした美人さんであることが伝わってきます・・・!

こちらの動画では動画は始まって6分ほど経過すると嫁の早苗さんが登場してきます。

2012年に撮影された動画なので、今とは雰囲気が違うかもしれません。

ただ夫である古賀稔彦さんを支える良き妻であることが動画を通じて伝わってくるのではないかと思います。

古賀稔彦さんの嫁の早苗さんは、古賀稔彦さんの母校でもある日本体育大学出身です。

大学を卒業後は、スポーツインストラクターとして活躍していたといいます。

同じ大学を卒業していることなど、共通点が多かったのでしょうね。

スポンサーリンク




古賀稔彦の現在の嫁(妻)との馴れ初めは不倫が始まりだった

古賀稔彦さんと嫁の早苗さんの馴れ初めですが、不倫がきっかけだったようです。

2人の関係性がどこでどう不倫につながったのかは明らかとなっていません。

ご存知の方もいるかと思いますが、

古賀稔彦さんは高校時代から付き合っていた女性と20代の時に結婚されています。

元嫁は古賀稔彦さんの父親の介護をするなど、献身的な女性だったといいます。

ただその一方で、古賀稔彦さんは現在の嫁と不倫関係になり逢瀬を続けていたといいます。

金メダリストの不倫はフライデーに大きく報じられ、世間をにぎわせました。

そして古賀稔彦さんは元嫁と1994年に離婚。

その後、現在の嫁である早苗さんと再婚に至ったといいます。

古賀稔彦さんと嫁の早苗さんが不倫関係に至った理由は明らかとなっていません。

ただ離婚して早苗さんと再婚したくらいなので、不倫とはいえお互いに本気だったのかもしれません。

スポンサーリンク




古賀稔彦の息子や娘など家族構成は?

古賀稔彦さんの家族構成は、息子2人の娘1人の4人家族です。

3人の子供は息子2人、娘1人で、

  • 長男:颯人(はやと)
  • 次男:玄暉(げんき)
  • 長女:ひより

といい、3人とも柔道で素晴らしい成績を残しています。

長男の颯人(はやと)さんは、イケメン柔道家としても知られています。

古賀稔彦の嫁(妻)は早苗で顔画像は?息子や娘など家族構成についても

次男の玄暉(げんき)くんは父親に似た雰囲気が漂っています。

古賀稔彦の嫁(妻)は早苗で顔画像は?息子や娘など家族構成についても

 

長女で娘のひよりちゃんは現在大学生とのこと。

画像からは家族の中の良さが伝わってきます。

3人の子供たちも金メダリストの父親がきっと誇らしいでしょうし、だからこそ柔道の道へと進んだのでしょうね。

古賀稔彦さんのようにいつか金メダルを取って、家族で喜びを噛み締めて欲しいものです。

スポンサーリンク




まとめ

「古賀稔彦の嫁(妻)は早苗で顔画像は?息子や娘など家族構成についても」と題し情報をまとめさせていただきました。

古賀稔彦の嫁(妻)は早苗さんで、古賀稔彦さんにとっては再婚相手でもありました。

たとえ不倫から始まった愛でも、画像や動画からは幸せな生活を送っていることが伝わったきました。

また息子さんや娘さんとも、柔道を通しての仲睦まじさが伝わってきましたよね。

家族の絆はきっと強いでしょうし、家族の支えがあったからこそ古賀稔彦さんの今があると思います。

フライデーが報じられた時は世間からバッシングの声が多数届いたはずです。

しかしその状況を乗り切ったからこその今があるのでしょうね。

これからも家族一丸となって、世界を目指していく家族であってほしいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。