時事ニュース

澤田純の高校は府立桂で偏差値は?大学は京大!学部についても調査!

澤田純の高校は府立桂で偏差値は?大学は京大!学部についても調査!

大阪府生まれで京都の高校に通い、大学は京大に進んだというNTTの澤田純社長。

華麗な学歴を持つ澤田純社長ですが、出身高校の偏差値は45〜55程度とそこまで高くなかったことがわかります。

とはいえ大学は名門・京都大学へと進み、現在はNTTの社長にまで上り詰めた澤田純社長。

出身高校や大学の学部など、どのような経歴を辿ってきたのか気になる方もきっと多いはずですよね。

そこで今回は「澤田純の高校は府立桂で偏差値は?大学は京大!学部についても調査!」

と題し、

  • NTTの澤田純社長の高校&偏差値
  • NTTの澤田純社長の大学&学部

について情報をまとめていきたいと思います。

澤田純(NTT社長)の高校は府立桂で偏差値は?

澤田純(NTT社長)氏の出身高校は京都府立桂高等学校です。

澤田純(NTT社長)氏の出身高校と偏差値についてご紹介していきます。

澤田純の高校は府立桂高等学校!

澤田純(NTT社長)氏の出身高校は京都府立桂高等学校です。

京都府立桂高等学校は京都市西京区にある府立の高等学校です。

澤田純(NTT社長)氏は大阪府出身ですが、なぜ京都の高校に通っていたのか明らかとなっていません。

私立高校を除き、通常は住民票があるエリアの高校しか受験することは不可能です。

このことを考えると澤田純(NTT社長)氏は高校受験前には京都府に引越ししていたという可能性が高いと思われます。

京都府立桂高等学校は1948年に設立された全日制の共学校です。

学部は、

  • 普通科
  • 植物クリエイト科
  • 園芸ビジネス科

の3つがあり、お笑い芸人の小杉竜一(ブラックマヨネーズ))さんの出身高校としても知られています。

澤田純(NTT社長)氏は大学では工学部に進学されていますが、高校時代の学部に関しては公表されていません。

ただ普通科に進学し大学受験に臨んだという可能性が高いと思われます。

澤田純の出身高校の偏差値は?

澤田純(NTT社長)氏の出身高校である京都府立桂高等学校の偏差値は45〜55位となっています。

そのため京都府立桂高等学校の卒業生の多くは同程度の偏差値の大学へと進学している人が多いようです。

澤田純(NTT社長)氏は高校卒業後に京都大学へと進学されていることから、ものすごい努力をしたのでしょうね。

ちなみに京都大学の偏差値は学部によりますが62が最低ラインです。

高校の偏差値が45〜55位なので、高校としても卒業生に京大生でしかもNTT社長がいるということは誇りかもしれませんね!

スポンサーリンク




澤田純(NTT社長)の大学は京大で学部は?

澤田純(NTT社長)氏の出身大学である大学や学部についてもご紹介していきます。

澤田純の大学は京都大学!

澤田純(NTT社長)氏の出身大学は京都大学です。

東京大学と並ぶ名門校とも知られ、優秀な人材を多く生む大学としても知られていますよね!

澤田純(NTT社長)氏が京都大学へと進学した理由などは明らかとなっていません。

出身高校の偏差値を見る限り、中学時代はそこまで勉強に熱心でなかった可能性が高いと考えられます。

ただ高校進学後に将来のことを考え、勉強に夢中になった可能性は大きいかもしれませんね。

澤田純の学部は工学部土木工学科!

澤田純(NTT社長)氏は京都大学の工学部土木工学科出身です。

澤田純(NTT社長)氏が京都大学の工学部土木工学科へと進学した理由に関しては明らかとなっていません。

ちなみに京都大学の工学部は、京都大学の中では偏差値が一番低く、62前後となっています。

京都大学に進学後、1回生〜2回生までは勉強は二の次だったという澤田純(NTT社長)氏。

専門に進んでから積極的に勉強に取り組むようになったと語られていることから、当初は学生生活を満喫していたことが伝わってきます。

スポンサーリンク




澤田純は大学時代にアメフト部に所属!

澤田純(NTT社長)氏は大学時代はアメフト部に所属していたといいます。

しかし体力や能力の限界を感じ、1年でやめてしまったといいます。

とはいえ、アメフトから学んだことも多々あるといい、

コーチの指示の意味がわからないまま違うコースを走ってプレイをつぶし、しばらく試合に使ってもらえなかった経験があり、

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」

だと肝に銘じるようになりました。

アメフトを通じた人の輪も広がっています。

引用元:https://www.kikin.kyoto-u.ac.jp

とインタビューで語られています。

当時一緒に在籍していたメンバーの中には、企業のトップを務めている人も多くいるともいいます。

澤田純(NTT社長)氏も日本人ならほとんどの人が知っているような大企業のトップです。

当時は大学時代のアメフト部の仲間が自分と同じように企業のトップを務めるような人材になっているとは思いもしなかったでしょうね。

アメフト部つながりで、今も幅広い業界の人たちとつながっているという澤田純(NTT社長)氏。

アメフト部は1年で辞めてしまったといいますが、今も交流を続けているということには驚きです。

スポンサーリンク




まとめ

「澤田純の高校は府立桂で偏差値は?大学は京大!学部についても調査!」と題し情報をまとめさせていただきました。

澤田純(NTT社長)氏の高校は京都の府立桂高等学校で偏差値は45〜55前後であることがわかりました。

また大学は名門京都大学の工学部へと進学されていたことがわかりました。

京都大学在学中のことを振り返り「すばらしい学生生活だった」と語る澤田純(NTT社長)氏。

学生時代の経験や今も繋がる大学時代の仲間との交流が澤田純(NTT社長)氏の宝となっているのかもしれませんね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。