エンタメ

ラランドのwikiプロフィールと経歴!大学生と社会人の芸人コンビを調査

ラランドのプロフィールと経歴

男女コンビのお笑い芸人「ラランド」が2019年のM-1グランプリの準決勝に出場することが決定し、話題を呼んでいます。

M-1ファンの間ではすでに優勝候補としてSNS上でも注目を浴びている話題性NO1のアマチュアコンビの「ラランド」。

この記事ではそんな「ラランド」の2人のプロフィールや経歴ついて調査したことをまとめてみました!

ラランド(芸人)のwikiプロフィールと経歴!

ラランドのプロフィールと経歴情報

ラランドは上智大学のお笑いサークルに所属していた(さーや)さんと(ニシダ)さんによって2014年5月5日に結成された男女のお笑いコンビ芸人です。

さーやニシダ
性別女性男性
年齢23歳(12月で24歳)25歳
出身地東京都山口県
職業会社員(PR・コンサル業務)上智大学の学生

 

さーやさんは2019年春に上智大学を卒業し、現在は港区のOLとしてPR業務やコンサル業を行う会社員として勤めながら、週末などにライブ活動などを行なっているそうです。

ニシダさんは年齢的にはさーやさんの1つ上の先輩ではありますが、浪人して上智大学へと入学したため、さーやさんとは学年では同級生。

・・・ではあるものの大学には3年通った後に退学して再度復学したという経緯もあり未だ大学は卒業できずに学生を続けているんだそう。

「在籍している上智大学外国語学部イスパニア語学科の単位が取れていないから・・・」ということが今も大学に在籍している理由とのことなんですが、今年こそはぜひ卒業できるよう単位取得に励んでほしいものですね(苦笑。

ラランド(さーや)の経歴

ラランドのさーやさんは、小学校に上がる前まで子役として活躍をされていた経歴を持っています。

ドラマでよくある幼少期時代を演じたり、しまじろう(着ぐるみ)の横で踊ったり、雑誌のモデルとして活躍したり、などなど子役としてはかなり活躍していた部類に入っていたそうです。

しかしさーやさんのご両親は学業との兼ね合いを心配して、小学校入学前に子役を引退さ失せる道を選びます・・・。

さーやさん自身は「子役を続けたかった」という思いを抱えていたそうですが、母親の

義務教育はしっかりと学ぶべき

という教えに従って小学校時代から高校までは親の顔色を伺いながらオール5を取るような学生生活を送ってきたそうです。

そして大学は上智大学へ現役で合格し、外国語学部のイスパニア語学科で勉学に励みます・・・。

関連記事:「ラランド(M1芸人)さーやの大学はどこ?上智でスペイン語専攻の才女って本当?

となるところが、それまで抱えてきていた「本当は子役を続けたかった」という反動で上智大学のお笑いサークルへと入部します

shiro
shiro
女優を目指すのではなく、お笑いを目指すというのがまた新鮮ですね!

入部後はたまたま出会ったというニシダさんをコンビの相手としてなんとなく声をかけて勧誘コンビを組み男女コンビとして活動しながらもピンとしても様々な大会に出場し本人曰く何度も優勝という成績を残していたそうです。

ただ卒業後の進路に関しては、家庭の事情や奨学金返済などもあり、就職の道を選択します。

そして2019年春には上智大学を卒業し、現在は港区のOLとしてPR業務やコンサル業を行う会社員として勤めながら、週末などにラランドのライブ活動などを行うという、まさに“二足のわらじ生活”な日々送っているんだそうです。

スポンサーリンク



ラランド(ニシダ)の経歴

ぽっちゃりキャラのラランドのニシダさんは、一浪して上智大学に入学したものの、3年通って退学、その後復学したというちょっと不思議キャラの持ち主です。

現在は大学3年生として在籍しているものの、試験をドタキャンするなどといったことを繰り返したことから、単位を取得することができず・・・。

本来であればもうとっくに卒業できているはずなのに未だ上智大学に在学中という学生兼芸人さんなんです。

ちなみに学部はさーやさんと同じ外国語学部のイスパニア語学科に在籍しているそうなんですが、今年度も単位が足りていないということもあってもう1年くらい大学に通わなければならないんだそう。

お笑いと学生を両立しているから単位が取れない・・・という理由もあるのかもしれませんが、きっとお笑いとの両立以外のもっと深い理由があるのかもしれないですね。

なおニシダさんに関してはアマチュアでしかも学生ということもあってかあまり情報を見つけることができなかったので、今後また新しい情報が入りましたら、随時こちらにも追記していきたいと思います!

ラランド(芸人)のwikiプロフィールと経歴まとめ

ラランド(芸人)のプロフィールと経歴について情報をまとめてみました。

アマチュアで、しかも社会人と学生のコンビということもあって、これまではメディアでの活躍や活動がほとんどなかった2人。

今回のM-1の出場をきっかけにより多くの人に応援されるコンビになってほしいものですね!

今後の活躍も楽しみにしています。