時事ニュース

キャロル・ゴーンの国籍はどこ?出身地はレバノンの首都ベイルート?

ゴーンの嫁キャロル・ゴーンの国籍

カルロス・ゴーンさんの嫁キャロル・ゴーンさんに逮捕状が出ました。

嫁のキャロル・ゴーンさんも現在カルロス・ゴーンさんと一緒にレバノンへと逃亡しているとの報道がありますが、キャロル・ゴーンさんの国籍は一体どこなのでしょうか?

キャロル・ゴーンさんの国籍や出身地についてこの記事ではお伝えしていきます。

キャロル・ゴーンの国籍はどこ?

ゴーンの嫁キャロル・ゴーンの国籍

カルロス・ゴーンの嫁のキャロル・ゴーンさんの国籍は、レバノンとアメリカとなっています。

キャロル・ゴーンさんは、日本では通常認められていない2重国籍所持者で、パスポートにおいては、レバノンとアメリカの2つを所持されていました。

レバノンのパスポートは、ゴーンさんの逮捕当時に東京地検に押収されています。

アメリカのパスポートは押収されず、キャロルさんが所持されたままだったようです。

レバノンは、キャロル・ゴーンさんの生まれの地。

そのため、もともとレバノンのパスポートは所持されていました。

またアメリカのパスポートに関しては、キャロル・ゴーンさんは人生の大部分をアメリカ・ニューヨークで過ごしアメリカ国籍も取得されていたことから、パスポートも所持されていました。

ちなみにアメリカでは法律上、2重国籍が認められており、パスポートを2冊持つことは可能。

アメリカへの出入国に関しては、アメリカのパスポートを使用しなければならないと言うルールはありますが、アメリカ以外への出入国に関しては決まりはありません。

今回キャロルさんが夫であるカルロス・ゴーンさんとの逃亡を図る際には、所持していたアメリカのパスポートを使用した上で日本から出国したことがわかっています。

キャロルゴーンの経歴
キャロルゴーンの経歴!生い立ちが複雑?バツイチで実業家の一面もカルロス・ゴーンさんの現在の嫁であるキャロル・ゴーンさんに逮捕状が出て、キャロルさんの経歴や生い立ちについて注目が上がっています。 ...

スポンサーリンク




キャロル・ゴーンの出身地はレバノンのベイルート?

ゴーンの嫁キャロル・ゴーンの国籍

カルロス・ゴーンさんの嫁キャロル・ゴーンさんの出身地は、中東レバノンのベイルートです。

西には地中海、南はイスラエル、そのほかはシリアに囲まれる国で、特にキャロルさんの出身地であるベイルートは中東経済の中心地、また地中海有数のリゾート地として「中東のパリ」と呼ばれていたこともあるほど。

公用語はアラビア語で、フランス統治時代の流れからフランス語を話す人も多いと言われています。

shiro
shiro
英語を流暢に話す人も多く、レバノンでは2、3ヶ国語を操る人がものすごく多いんだとか。

なおレバノンには5つのユネスコ世界遺産があり、現在は国を挙げて観光業に力を入れ、多くの外国人観光客を受け入れています。

日本からの直行便はないものの、周辺国からの乗り継ぎ便を利用したり、また周辺諸国から陸路で入国することも可能です。

shiro
shiro
ゴーンさんとの逃亡劇ではトルコ経由で入国したとも言われていますね。プライベートジェットなので、普通の入国方法とは違いますが(苦笑)。

ちなみに夫であるカルロス・ゴーンさんはブラジル生まれではありますが、ゴーンさんのご両親はレバノン系なので、キャロルさんとは同じ同郷。

レバノンという共通点があったことも、お互いが惹かれあうきっかけになったのかもしれないですね。