時事ニュース

中島信也(東北新社社長)の学歴や経歴は?広告業界では巨匠の声も!

中島信也(東北新社社長)の学歴や経歴は?広告業界では巨匠の声も!

2021年2月26日付で「東北新社」の副社長から社長へと就任した中島信也氏。

広告業界では巨匠の声も上がるなど、実はものすごい人であることがわかりました。

東北新社社長の中島信也氏の学歴やこれまでの経歴はどのようなものなのでしょうか。

これまで手がけてきた広告なども気になります・・・!

そこで今回は「中島信也(東北新社社長)の学歴や経歴は?広告業界では巨匠の声も!」と題し、

  • 東北新社社長中島信也氏の学歴と経歴
  • 中島信也氏が手がけてきた広告の一部

についてご紹介していきたいと思います。

中島信也(東北新社社長)の学歴!

東北新社社長中島信也氏の学歴は大卒です。

中島信也氏は一浪を経て武蔵野大学造形学部資格伝達デザイン学科に入学。

1982年に卒業されています。

出身高校は大阪府内でも有名な進学校でもある大阪府立豊中高校です。

勉強は得意だったそうですが、高校入学後に成績が落ちてしまい落ちこぼれになってしまったといいます。

しかしそんな息子を見た父親から

「美大を受けたらどうだ」

と声をかけられ方向転換。

美大進学を目指し一浪し、美大に進む決意をしたといいます。

『このままでは大学に行かれへん』と諦めかけていたら、父に『実は中島家には絵の才能がある。美大を受けたらどうだ』と勧められ、それで1浪して武蔵美に入ったんです。

東京芸大も受けましたが、残念ながら落ちました。

引用元:https://style.nikkei.com/

大学在学中は、

音楽でメシを食っていく

という夢を抱いていたという中島信也氏。

あのみうらじゅんさんと学生時代はつるみ、喧嘩したり旅行に行ったりと青春を謳歌していたそうです。

なおみうらじゅんさん曰く中島信也氏は、

  • 電通
  • 博報堂

の2社からも採用通知をもらっていたと暴露されています。

しかし中島信也氏はその2社の内定を断り東北新社に入社したというエピソードがあるそうです。

テレビ業界の方が向いていると紹介してもらったのがきっかけで東北新社へ入社したとのこと。

中島信也(東北新社社長)の経歴は?

東北新社社長中島信也氏の華麗な経歴もご紹介していきます。

1983年CMディレクターとしてデビュー
2016年東北新社の副社長に就任
2021年東北新社の社長に就任

CMディレクターとして1年に20〜30本の作品に携わってきたという中島信也氏。

これまで手がけてきたCMは1,000本以上に上るといいます。

またCMディレクターだけでなく、

  • 1996年:ウルトラマンゼアス
  • 2010年:矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜

の2本の映画の監督としても作品作りに携わってました。

また2007年には2冊の著書(CMコンテ集・デザイン系)を出版。

他にもこれまでのCMディレクターの経験を活かし、

  • 母校の武蔵野大学の客員教授
  • 広告学校の講師
  • 映像テクノアカデミアの講師
  • 宣伝会議のコピーライター養成講座の講師

など会社以外でも自身の経験を活かした活動を行なっているそうです。

中島信也(東北新社社長)受賞歴

東北新社中島信也氏がこれまでの受賞歴に関しても一部ですがご紹介していきます。

  • 1990年:東京アートディレクターズクラブ賞グランプリ
  • 1992年::全日本シーエム放送連盟賞シリーズ大賞「サントリー 白角」
  • 1993年:カンヌ国際広告祭グランプリ「日清食品:カップヌードル hungry ?シリーズ」
  • 2001年:アジア太平洋広告祭グランプリ「ミドリ安全:分煙システム 『禁煙亡命者』」
  • 2001年:国際放送賞グランプリ 「松下電器 ナショナルのあかり」
  • 2002年:デジタルコンテンツ グランプリ2002「新しい才能」の部 DCAj会長賞
  • 2003年:全日本シーエム放送連盟CMフェスティバル総務大臣賞「サントリー:燃焼系アミノ式 グッパイ、運動。シリーズ
  • 2005年:ニューヨークアートディレクターズクラブ賞グランプリ「サントリー 伊右衛門」
  • 2005年:日本宣伝山名賞

その他多数の受賞歴あり

カンヌ国際広告祭グランプリは日本人初の受賞だったとのこと。

世界に通用する賞を受賞するだけの実力派ということが伝わってきます。

中島信也(東北新社社長)が手がけた作品を紹介

東北新社社長の中島信也氏は、1年に20〜30本のペースでCM制作を行っているといいます。

業界歴は36年目なので、すでに1、000本以上!

ここでは東北新社社長の中島信也氏が手がけたCMの一部をご紹介していきます。

  • 1993年〜1996年:日清食品 カップヌードル 「hungry シリーズ」

  • 2000年:サントリー DAKARA 「小便小僧シリーズ」

2020年:エアペイ

2020年:サントリー伊右衛門シリーズ

今のようにネット社会になる前のテレビが主流だった時代から、記憶に残るCMを多数手がけてきた中島信也氏。

ここでご紹介したCMはほんの一部ではありますが、時代に合わせた人を惹きつけるCMを生み出してきたことが伝わってきます。

まとめ

「中島信也(東北新社社長)の学歴や経歴は?広告業界では巨匠の声も!」と題し情報をまとめさせていただきました。

美大に進んだきっかけは父親の一言からだったという中島信也氏。

才能を見出したお父様もある意味すごいですよね・・・。

これまでの経歴を活かし、今後の東北新社の改革児として活躍して欲しいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!