エンタメ

街裏ぴんくって何者?年齢や本名は?wikiプロフィールや経歴を紹介!

街裏ぴんくって何者

コアなファンに支持され、今お笑い好きの間でも話題のピン芸人街裏ぴんくさん。

年齢不詳で芸名も意味不明・・・。

一体何者なのでしょうか。

本名やwikiプロフィール、これまでの経歴も気になります。

今回は街裏ぴんくさんが何者の情報についてお伝えしていきます。

街裏ぴんくって何者?

街裏ぴんくって何者

街裏ぴんくさんは、トゥインクル・コーポレーションに所属するピンのお笑い芸人です。

お笑いの世界に入った当初は神戸学院大学在学中で、当時はコンビを組んでいました。

しかし結成後4年でコンビは解散。

コンビ解散後は「街裏ぴんく」名義でピン芸人として活動を続けられています。

2012年から活動拠点を東京に移したという街裏ぴんくさん。

スーツに蝶ネクタイという姿を基本とし、体験談を元にしたものをネタにしているといいます。

2019年にはRー1グランプリにも出場。

現在はライブハウスを中心として活動されており、メディアへの出演はごくわずか。

しかしカズレーザーさんオススメの芸人として話題になるなど、今後の活躍が期待されています。

街裏ぴんくの年齢に驚愕!

街裏ぴんくって何者

「遅咲きの芸人さんなのかな?」と想像してしまう出で立ちですが、待裏ぴんくさんの年齢は35歳です。

  • 着古したスーツに蝶ネクタイ
  • 太った体
  • 薄い髪の毛

この3点セットは、老けて見えますが、あえてそう見せているのかもしれません。

話し方も貫禄ありますし、年齢を言わなければ

「40代なのでは・・・」

と想像してしまう人もきっと多いはず。

あえて見た目にインパクトを出しているのかもしれません。

でもそれが逆に待裏ぴんくさんの個性で魅力なのかもしれません。

スポンサーリンク




街裏ぴんくの本名は?

街裏ぴんくさんの本名は島谷洋平(しまたにようへい)といいます。

shiro
shiro
本名からしてなんとなく芸人さんっぽさが出ている・・・!

街裏ピンクという芸名を名乗っている理由に関しては明らかとなっていません。

名前の由来に関しては今後情報が出てくる可能性もあります。

もしわかりましたら、こちらにも情報を追記していきますね。

街裏ぴんくのプロフィールと経歴!

街裏ぴんくさんのプロフィールと経歴もご紹介していきます。

街裏ぴんくのwikiプロフィール

街裏ぴんくって何者

名前(芸名):街裏ぴんく

本名:島谷洋平(しまたにようへい)

生年月日:1985年2月6日

年齢:35歳(2020年9月現在)

趣味:中高年観察・あほソング作り・ヒップホップ鑑賞

特技:街で絡まれない

身長・体重:178cm・110kg

街裏ぴんくさんは大阪府出身のピン芸人です。

一人っ子の家庭で育ち、中学からは私立へと通っていたといいます。

お笑いに興味を持つようになったのは中学生のとき。

クラスメイトの前でお笑い新喜劇のモノマネをしたことがきっかけでお笑いに興味を持つようになったといいます。

その後神戸私立大学へと進学した街裏ぴんくさん。

大学在学中にお笑いコンビ「裏ブラウン」を結成し、お笑いへの道へと進んでいきます。

しかし結成4年後に「裏ブラウン」は解散。

その後はコンビを組まず、ピン芸人として主にライブハウスを中心に活動されています。

身長178cm、体重110kg(!)と大柄な見た目とおっさんらしい風貌が魅力の街裏ぴんくさん。

shiro
shiro
おっさん感溢れる見た目はかなりインパクトに残る・・・!

そんなおっさんらしさ溢れる見た目を前面に出し、ライブでは体験談を元にネタを披露されてます。

私生活ではライブを見に来てくれたお笑い好きの女性と結婚。

shiro
shiro
嫁はフットボールアワーのファンで追っかけもしていたんだそうw。

子供の有無は明らかとなってませんが、お笑い好きな嫁と笑いが絶えない家庭を育んでいるといいます。

街裏ぴんくの経歴

街裏ぴんくさんのお笑い経歴についてもご紹介していきます。

  • 2004年:大学在学中にお笑いコンビ「裏ブラウン」を結成
  • 2007年:お笑いコンビ「裏ブラウン」解散
  • 2008年:ピン芸人「街裏ぴんく」として活動を開始&松竹芸能に所属(1年後に退社)
  • 2009年:吉本興業のオーディションを受けるも不合格
  • 2012年:上京 東京のライブハウス中心に活動を開始
  • 2019年:Rー1グランプリ出場も準々決勝で敗退

東京に上京後は自分に合う事務所にめぐり合うことができず、20kgも体重が増えてしまったという街裏ぴんくさん。

一時期は将来に思い悩み、悪役俳優向けの事務所に所属していたとも・・・。

しかしお笑い芸人になるという夢を諦めなかった街裏ぴんくさん。

徐々にライブなどに声がかかるようになり、次世代のお笑い芸人を発掘する番組にも呼ばれるようになっていきます。

そんな街裏ぴんくさんに大きな転機が訪れたのは、2017年。

BSフジの「冗談手帖」に出演した際に、審査員の鈴木おさむさんから、

「番組史上一番おもしろい」

「第二のタモリ、鶴瓶」

「筒井康隆、星新一、藤子不二雄Fのよう」

「松本人志に伝えなくては」

と大絶賛されたのです。

鈴木おさむさんはあまりの感動のあまり、街裏ぴんくさんにスーツを一式プレゼントしたとも・・・!

「冗談手帖」出演後は、Rー1グランプリに出場するなど、徐々に活躍の場を広げている街裏ぴんくさん。

今はコアなファンに支えられているようですが、今後どこかで大きな爆発を起こしそうな予感すらします。

まとめ

中学在学中にお笑いに目覚め、35歳過ぎた現在も地道な活動を続けられている街裏ぴんくさん。

鈴木おさむさんやカズレーザーさんなど、多くの著名人をもファンに持つだけに、今後の活躍が期待されます。