スポーツ

【顔画像】黒田剛監督の娘の年齢や学校は?父親との絆エピソードに感動!

【顔画像】黒田剛監督の娘の年齢や学校は?父親との絆エピソードに感動!

サッカーの強豪校として全国的に知られる青森山田高校。

強いチームへ導いた黒田剛監督を支え続けたのは、娘さんだったといいます。

噂によると黒田剛監督の娘さんはとっても可愛らしい美人さんなんだとか・・・!

今回は「【顔画像】黒田剛監督の娘の年齢や学校は?父親との絆エピソードに感動!」と題し、

  • 黒田剛監督の娘の顔画像
  • 黒田剛監督の娘の年齢や学校
  • 黒田剛監督と娘の絆エピソード

についてご紹介していきたいと思います。

黒田剛監督の娘の顔画像!

「可愛らしい美人」「勝利の女神」とも称される黒田剛監督の娘の顔画像はこちらです!

【顔画像】黒田剛監督の娘の年齢や学校は?父親との絆エピソードに感動!

黒田剛監督とはまた違った感じで、可愛らしい美人さんですよね!

父親ではなく母親似なのかな、という印象も持ってしまうほど。

ちなみに黒田剛監督の娘の名前は、妃李(きり)さんというそうです。

名前の由来などはわかりませんが、珍しい名前ですよね。

黒田剛監督の息子もまた凱(がい)という名前なので、何かこだわりがあったのかもしれません。

スポンサーリンク




黒田剛監督の娘の年齢や学校は?

黒田剛監督の娘の妃李(きり)さんの年齢は20歳または21歳で、現在は関学大へと通われています。

黒田剛監督の娘の妃李(きり)さんの生年月日は公開されていません。

そのため年齢は確定することができなかったので、20歳または21歳とご紹介させていただきました。

黒田剛監督の娘の妃李(きり)さんは、高校は函館市内の学校に通っていたといいます。

shiro
shiro
すごい可愛らしい女性なので、目立っていたはず・・・!

ただ大学進学を機に実家を離れ、現在は大学の近くで暮らしているといいます。

そのため父親の指導する青森山田の試合の応援は、テレビを通して応援をしているんだそう。

黒田剛監督の娘の妃李(きり)さんが地元を離れ、関学大へと進学した理由については明らかとなっていません。

関学大の学部も特定することができておりませんが、地元を離れてまで進学するくらいです。

相当の決意と関学大でないとダメという大きな理由があったのかもしれません。

スポンサーリンク




父親の黒田剛監督と娘の絆エピソードを紹介

父親嫌いが始まる(苦笑)年齢にもかかわらず、娘の妃李(きり)さんと父親の黒田剛監督はとっても仲が良いようです。

shiro
shiro
妃李(きり)さんは今も黒田剛監督のことをパパと読んでいるんだそう・・・!

ここではそんな2人の絆エピソードなるものをご紹介していきます。

手紙やLINEで連絡を取り合う

黒田剛監督の娘の妃李(きり)さんは、大事な試合の時など父親に向けて手紙を書いているといいます。

そして父親である黒田剛監督はその手紙をポケットに入れ、試合に臨んでいるといいます。

思春期の女の子が父親に手紙を書くだなんてものすごく珍しいようにも感じます。

ただ忙しい父親に気を使わないよう、そしてそっと元気を上げるための妃李(きり)さんなりの気遣いなのかもしれませんね。

とはいえここ最近は手紙ではなくLINEでのやり取りが主となっている様子。

今は離れて暮らすからこそLINEで気軽に親子の会話を楽しんでいるのかもしれません。

試合の応援には駆けつける

黒田剛監督の娘の妃李(きり)さんは、父親が監督を務める青森山田の試合にはできるだけ駆けつけるようにしているそうです。

2019年に行われた全国高校サッカーでの試合では、同じホテルに宿泊して朝はコーヒーを飲む時間をとっていたともいいます。

娘の妃李(きり)さんの応援が何よりのパワーの源になったのでしょうね。

2019年に2度目の優勝に輝いた際は「パパ大好き〜」と声援を送るなど、親子の絆の深さが伝わってきます。

厳しい監督というイメージが強い黒田剛監督ですが、娘の前では娘大好きなパパなんでしょうね!

スポンサーリンク




まとめ

「【顔画像】黒田剛監督の娘の年齢や学校は?父親との絆エピソードに感動!」と題し、情報をまとめさせていただきました。

黒田剛監督の娘さんは現在関学大に通う大学生です。

正確な年齢は特定できてはいないものの、20歳21歳前後かと思われます。

父親とはまた雰囲気が違ってとても可愛らしい美人さんであることが伝わったと思います。

また黒田剛監督と娘の妃李(きり)さんとの仲の良さも、羨ましいような関係性でしたね。

黒田剛監督が様々なプレッシャーの中活躍できているのは、娘さんのサポートがあってこそ。

黒田剛監督は時々メディアにも登場するので、いつか親子共演など果たしてほしいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!