時事ニュース

【顔画像】河野太郎の嫁が美人!年齢や経歴は?英語堪能で名家出身の噂も

河野太郎の嫁の顔画像

SNSで積極的に話題を発信し、若い世代から今最も愛されている政治家の河野太郎防衛大臣。

SNS上では嫁とのやりとりを呟くなど、一部ファンの間では愛妻家としても知られています。

そんな河野太郎防衛大臣のである河野香さんですが、一体どんな人なのでしょうか。

年齢経歴などが気になります。

一部報道によると、群馬県の名家出身で英語が堪能な帰国子女という噂も・・・。

今回は河野太郎防衛大臣の嫁の香さんの顔画像に加え、年齢経歴などの情報をお伝えしていきます。

【顔画像】河野太郎の嫁が美人!

河野太郎防衛大臣の嫁の香さんの顔画像はこちらです。

河野太郎の嫁の顔画像

河野太郎防衛大臣の嫁である香さん。

着物が似合う正統派の日本美人ですよね・・・!

河野太郎防衛大臣が外務大臣時代は、香夫人は、

  • 外交に同行
  • 大使夫人との交流
  • 晩餐会への参加

するなど、外務大臣夫人として様々な場面で活動をされていました。

海外での外交中は、日本の伝統衣装でもある着物姿で挑むことも多かったといいます。

河野太郎の嫁の顔画像
shiro
shiro
すごく艶やかな着物で素敵・・・!

また日本国内でも外務大臣夫人として様々な活動に参加するなど、積極的に活動していたことが判明しています。

そしてこちらの画像は安倍昭恵夫人と米国議会日本研究グループ訪日団との懇談の際の一枚。

河野太郎の嫁の顔画像
shiro
shiro
中央にいるのが香さんですが、他の誰よりも輝いてみえますね!

またこちらの画像はアラブ大使館でディナー会に参加した時のもの。

View this post on Instagram

Dinner with the Arab Ambassadors in Tokyo.

A post shared by KONO Taro (@konotarogomame) on

男性ばかりの中に鮮やかなブルーのスーツ姿がとっても華やかですよね!

政治家の嫁として、縁の下の力持ち的な存在で公私ともにサポートしていることが伝わってきます。

スポンサーリンク




河野太郎の嫁の年齢は?

河野太郎の嫁の顔画像

河野太郎防衛大臣の嫁の香さんの年齢は公表されていません。

夫である河野太郎防衛大臣は、1963年生まれで現在57歳です。(2020年8月31日現在)

子供の年齢が18歳前後という情報もあり、また香さんの見た目から推測すると、

50代前半〜後半

である可能性が高いと予測しています。

正確な情報が入りましたら、こちらにも情報を追記していきます。

河野太郎の嫁の経歴は?

河野太郎防衛大臣の嫁の経歴に関して、現段階で信ぴょう性のある情報はつかめていません。

ネット上では、

外資系銀行に勤めていた

という情報が出ていますが、情報元はわかっていません。

後述しますが、河野太郎防衛大臣の嫁の香さんは帰国子女です。

英語が堪能なことを考えると、外資系企業で働いていたという可能性は大いにあると思われます。

shiro
shiro
もし外資系企業で働いていたのが本当だったら、キャリアウーマンだったのでしょうね!

こちらも今後情報が入りましたら、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク




河野太郎の嫁は英語が堪能!

河野太郎防衛大臣の嫁の香さんは、英語が堪能でネイティブ並みに話すことができるといいます。

その理由としては、幼少期の海外での暮らしが影響していました。

香さんは小学生の時にオーストラリアに渡り、11歳の時に日本に帰国した帰国子女です。

日本に帰国した際は「落ちこぼれ」だったと語り、ペンケースの存在すらわからなかったといいます。

しかし努力を重ねた香さんは、中学生の時に”作文日本一”になるなど、頭の良さを発揮・・・!

河野太郎防衛大臣が外務大臣時代も、外務大臣夫人として活動を支援したといいます。

英語が堪能だということで、海外の人とのコミュニケーションでも一目置かれたことでしょう。

政治家の嫁として適任な人物であることがわかります。

河野太郎の嫁は名家出身なの?

河野太郎防衛大臣の嫁の香さんは、群馬県の名家出身と言われています。

ただこの情報に関しては信憑性がなく、事実かどうかはわかっていません。

しかし香さんは幼少期をオーストラリアで過ごされています。

年齢的なことを考えると、40年ほど前でしょうか。

時代的に海外へ渡航するのも、海外に住むことも、珍しい時代です。

そんな時代に海外で生活されていたので、

「実家が名家なのでは・・・」

と言われるようになったのかもしれませんね。

いずれにせよ、良い家柄出身であることはきっと間違いないはずです。

今後も河野太郎防衛大臣のよきパートナーとして支え続けられることでしょうね。