政治家

小林貴虎の学歴や経歴に評判は?過去には人種差別ヘイト発言で炎上も

小林貴虎の学歴や経歴に評判は?過去には人種差別ヘイト発言で炎上も

三重県議会の小林貴虎(たかとら)県議が同性カップルの名前と住所を無断でネット上に公表し炎上しています。

小林貴虎県議は過去に人種差別やヘイト発言でも炎上していますが、一体どんな人なのでしょうか。

小林貴虎県議の学歴は経歴、評判などが気になります。

今回は「小林貴虎の学歴や経歴に評判は?過去には人種差別ヘイト発言で炎上も」と題し情報をまとめていきます。

小林貴虎の学歴は大卒!

小林貴虎県議の学歴は大卒で出身大学は帝京科学大学で情報科学科に在籍されていました。

そして卒業後はアメリカのインディアナ大学・パデュー大学共同インディアナポリス校の修士課程1年半在籍されていたといいます。

小林貴虎県議が卒業した帝京科学大学は東京都足立区にある私立大学で2021年4月現在、

  • 生命環境学部
  • 医療科学部
  • 教育人間科学部

の3つの学部があります。

帝京科学大学の偏差値は学部にもよりますが、37.5〜で医療系の学部に関しては40~52.5前後となっています。

情報科学科は現在帝京科学大学の学部としてありません。

小林貴虎県議の出身小学校、中学校、高校に関しては以下の通りです。

小学校三重大学教育学部附属小学校
中学校三重大学教育学部附属中学校
高校三重県立津高等学校

小林貴虎県議は三重大学教育学部附属小学校へと入学しています。

三重大学教育学部附属小学校は、

  • 1学年あたりの定員人数の約6割:附属幼稚園からの無試験での入学
  • 1学年あたりの定員人数の4割:お受験組

とのこと。

小林貴虎県議がお受験を経て入学したのか附属幼稚園出身なのかは明らかとなっていません。

ただ父親が会社経営者で附属小学校・中学校へと進学していることから教育熱心だったことが伝わってきます。

なお中学卒業後は三重県立津高等学校へと進学されています。

三重県立津高等学校は三重県内で4位に入るランクで偏差値は67です。

東大や有名私大などの難関大学への進学実績も多い高校としても知られています。

それだけに小林貴虎県議がなぜ帝京科学大学へと進学されたのか気になるところではありますが・・・、

帝京科学大学で学びたいことがあったのかもしれませんね。

スポンサーリンク




小林貴虎の経歴

小林貴虎県議の経歴は以下の通りです。

修士課程修了後:NGOで5年間ボランティア活動を行う

  • 2005年:父親の会社に就職
  • 2011年:補欠選挙にて初当選
  • 2012年:総務財政委員会副委員長(2013年度も継続)
  • 2014年:教育構成委員会委員長
  • 2014年:2期目当選
  • 2017年:教育厚生員会委員長

大学卒業後はNGOで5年間活動し、社会人経験は父親の会社での就業履歴のみでした。

県議員になってからは、子育て支援の充実や高齢者福祉の充実のため活動していることがわかっています。

スポンサーリンク




小林貴虎の評判は?

小林貴虎議員は過去に人種差別やヘイト発言をしたことがきっかけとなりネット上での評判はあまりよくありません。

SNS上にこのような画像を上げることも、議員としての立場をわきまえていないようにも見えます。

しかし小林貴虎議員は3期目で議員辞職をすることを表明していることから、世間の評判はあまり気にしていないのかもしれません。

小林貴虎の人種差別ヘイト発言とは?

小林貴虎県議は2019年にツイッターで韓国語で不適切な投稿を行い、炎上しています。

この件に関しては他の投稿者とのやり取りの中でのつぶやきだったようですが、

「ヘイトニダー」

などと書き込み、ネット上はおろか県議会を巻き込む大騒ぎとなりました。

日本では特にSNS上で語尾の「ニダー」を使うことを嫌韓の意味合いがあるとも捉えられています。

また嫌韓やからかい半分で「ニダー」と使われることが多いことから、大きく炎上してしまったようです。

当時は即Twitterの書き込みを削除し謝罪していましたが、県議会や他の議員による声明が出されるなど大きな炎上案件となったようです。

スポンサーリンク




まとめ

「小林貴虎の学歴や経歴に評判は?過去には人種差別ヘイト発言で炎上も」と題し情報をまとめさせていただきました。

小林貴虎県議の学歴は大卒で卒業後はアメリカの大学で修士課程に1年半在籍していたことがわかりました。

経歴に関してはNGOでボランティア活動し、社会人経験は父親の経営する会社に勤務し、5年後に補欠選挙で県議員になっていたことがわかりました。

小林貴虎県議の評判は過去の差別発言の影響もあり、また今回の不祥事のこともあり下がる一方です。

これまで海外でボランティア活動するなど素晴らしい経歴を持っているだけに同性カップルの住所公開はあまりにひどい行為ですよね。

すぐにでもブログを削除し、被害者にしっかりとした謝罪をしてほしいと願うばかりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。