スポーツ

清原和博の長男の顔画像は?幼少期から現在までを時系列で紹介!

清原和博の長男の顔画像は?幼少期から現在までを時系列で紹介!

元プロ野球選手の清原和博氏長男の正吾さんが慶應大学野球部への入部を希望していると報じられました。

小学生まで少年野球チームに所属し、中学ではバレーボール、高校はアメフトと、様々な球技に取り組んできた息子さん。

父親である清原和博さんの歩んだ道へと進むことを決断したことに対し、ネット上では驚きの声が上がっています。

今回は「清原和博の長男の顔画像は?幼少期から現在まで時系列で紹介!」と題し、

  • 清原和博氏の長男の顔画像
  • 幼少期から現在までの歩み

を時系列で紹介していきます。

清原和博の長男の顔画像は?

清原和博氏の長男の正吾さんの顔画像はこちらです。

清原和博の長男の顔画像は?幼少期から現在までを時系列で紹介!

中学生くらいのときの画像となりますが、かなりイケメンですよね!

現在は父親譲りのガッチリとした体型をしているそうで、身長は190センチ近くあるといいます。

顔はおそらく母親であるモデルの亜希さん似かと思いますが、体型といい、しっかりと両親の遺伝子を受け継いでいますよね!

大学進学後は野球部への入部を期待しているといいますし、今後の活躍が楽しみです♪

スポンサーリンク




[清原和博の長男]幼少期から現在まで時系列で紹介

清原和博氏の長男の正吾さんの幼少期から現在までを時系列でご紹介していきます。

幼少期から小学校在学中までは少年野球チームに所属

清原和博氏の長男の正吾さんは慶応幼稚舎から内部進学で小学校へと進学しています。

幼少期から小学校在学中は、少年野球チームに所属しプレーしていたといいます。

しかし清原和博氏の長男の正吾さんは、突如野球を辞めてしまいました。

辞めた時期などは明らかとなっていません。

ただ父親である清原和博氏は2016年に逮捕されていいます。

年齢を遡ると長男正吾さんは、小学校高学年だったはず・・・。

野球選手として憧れ続けていた父親の不祥事は長男の正吾さんにとって大きなショッックだったことでしょう。

もしかしたら父親の不祥事がきっかけで野球を辞めてしまったのかもしれません。

中学ではバレーボール部に所属

清原和博氏の長男の正吾さんは内部進学した中学ではバレーボール部に入っていたといいます。

清原和博氏の長男の正吾さんが中学入学を機にバレーボール部を選んだ理由は明らかとなってません。

ただ幼少期からスポーツに親しんできたこともあり、球技への情熱はなくならなかったのでしょうね。

高校時代はアメリカンフットボール(アメフト)部に所属

清原和博氏の長男の正吾さんは慶應義塾高校入学後にアメフト部へと入部しています。

アメフト部へと入部した理由は明らかとなっていません。

ただアメフト部で正吾さんは、

  • 背番号:87
  • ポジション:TE

で活躍したという情報があるので、レギュラーメンバーとして活躍していたかと思われます。

とはいえその一方で野球への情熱が消えなかったという清原和博氏の長男の正吾さん。

時々父親である清原和博氏に連絡をして、野球の自主練習を行なっていたといいます。

元プロ野球選手だった父親に対する憧れは、ずっと持ち続けていたのでしょうね。

高校時代は父親に連絡を取りながら、野球の自主練習を行なっていたといいます。

中学・高校では他の球技を行なっていたものの、野球に対する思いを失っていなかったということが伝わってきます。

大学進学を機に野球へと転向

清原和博氏の長男の正吾さんは大学進学を機に野球へと転向することが明らかとなっています。

すでに慶應義塾大学の野球部には入部希望の意向を伝えてあるといい、入学が決まれば野球部への入部は確実と思われます。

ただ6年間のブランクは大きく、またプロとして活躍していた父親と比べられる可能性も大きいはずです。

しかしそんな状況でもあえて自ら選んだ道へと進むのは、偉大である父親の背中に対する憧れもあったのでしょうね。

ライバルも多くメンバー入りするのはかなり至難の技かと思いますが、慶應義塾大学の野球部での活躍を楽しみにしたいものです。

スポンサーリンク




まとめ

「清原和博の長男の顔画像は?幼少期から現在までを時系列で紹介!」と題し、情報をまとめさせていただきました。

清原和博氏の長男の顔画像は中学時代のものしかありませんでしたが、ご両親に似てスタイル抜群でイケメンであったことが伝わったと思います。

父親に憧れ野球を始め、中学・高校は野球から離れていたという清原和博氏の長男の正吾さん。

注目されるとわかっている中で、大学から野球を再開するのはよっぽどの覚悟があってこそ。

茨の道が待っているかと思いますが、父親のように日本中に感動を与える野球選手になることを願ってます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!