時事ニュース

川勝平太の学歴&経歴まとめ!年収は?息子や嫁など家族構成も紹介!

川勝平太の学歴&経歴まとめ!年収は?息子や嫁など家族構成も紹介!

静岡県知事の川勝平太知事が、総理に対し厳しい発言をしたことで炎上しています。

静岡県知事の川勝平太知事といえば、リニア計画でも難色を示すなど、何かとお騒がせな知事として知られています。

高学歴で経歴も一流だという川勝平太知事とは一体どんな人なのでしょうか。

川勝平太知事の学歴や経歴、年収などが気になります。

また息子や嫁など家族情報も気になります。

今回は川勝平太知事の学歴&経歴、年収、また息子や嫁などといった家族構成を調査してみました。

川勝平太の学歴&経歴まとめ!

川勝平太知事の学歴と経歴をご紹介していきます。

川勝平太の学歴

川勝平太知事の学歴は以下の通りです。

  1. 洛星高等学校卒業(京都市内にある中高一貫校)
  2. 早稲田大学経済学部経済学科卒業(1972年)
  3. 早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了(1975年)
  4. 早稲田大学大学院博士課程在学中にオックスフォード大学へ留学(1997年〜1981年)
  5. オックスフォード大学より博士号を取得(1985年)

パッと見だだけでも、かなりすごい学歴を持っていることがわかります。

ただ公立の中学に通っていた時は素行が良くなかったといい、両親は私立の高校へと進学させたといいます。

そして高校卒業後は父親が卒業した早稲田大学へと進学を果たします。

とはいえ大学在学中は、いたって普通な大学生だったという川勝平太知事。

大学卒業後は新聞記者を目指していたといいます。

しかし大学3年生の時に三木清の本に影響を受け、学び続けることを決意し大学院には特待生として合格・・・!

授業料全額免除&返済不要の奨学金をもらい、お金の心配をすることなく学び続けることができたという川勝平太知事。

「自ら学び続けたいという思い」から高学歴になったことが伝わってきます。

川勝平太の経歴

続いて川勝平太知事の経歴です。

  • 1990年:早稲田大学経済学部の教授に昇任
  • 1998年:国際日本文化センターの教授に就任
  • 2007年:静岡文化芸術大学の学長に就任
  • 1010年:静岡文化芸術大学の名誉教授に就任
  • 2009年:静岡県知事に就任
  • 2013年:静岡県知事に二期目の当選を果たす
  • 2017年:静岡県知事に三期目の当選を果たす

川勝平太知事は母校である早稲田大学経済学部の教授を経て、静岡文化芸術大学の学長(のちに名誉教授)に就任しています。

静岡県知事に立候補することになったきっかけは、2009年に民主党代表代行(当時)の小沢一郎氏から、出馬要請を受けたからでした。

立候補直前には、静岡文化大学芸術大学に辞任を表明。

多くの民主党議員のサポートを受け、2009年7月の知事選挙で初当選を果たします。

その後、2013年、2017年に行われた静岡県知事戦でも見事圧勝し、現在に至ります。

shiro
shiro
学者から静岡県知事まで登りつめた経歴が本当にすごい・・・!

スポンサーリンク




川勝平太の年収はいくら?

川勝平太知事の年収はいったいいくらくらいなのでしょうか。

年収ガイドによると、川勝平太知事の2012年度の年収は、

2104万円

給料(1820万円)

その他(283万円)

となっています。

東洋経済による都道府県知事ランキングでは48都道府県知事の中で第6位とかなり高収入であることがわかります。

ただこの金額は約8年前のものとなるので、現段階ではさらに年収が上がっていることが予測できます。

ちなみに都道府県別の知事の年収上位5位までのランキングは以下の通りです。

  • 1位:神奈川県
  • 2位:埼玉県
  • 3位:千葉県
  • 4位:福岡県
  • 5位:東京都
  • 6位:静岡県

首都圏を中心に人口密集地であるエリアの知事の年収が高い傾向になっていることがわかります。

川勝平太の家族構成!息子や嫁について

川勝平太知事の家族構成は、嫁と川勝平太知事の2人家族のようです。

他に犬を一匹買っており、犬種はトイプードルだといいます。

一部では「息子がいるのでは・・・」という噂も出ていますが、息子に関する情報は見つけることができませんでした。

過去には児童養護施設で暮らす子供を嫁と一緒に預かっていたという川勝平太知事。

もしかしたら夫婦の間にはお子さんが授からず、サポートに回る側にいたのかもしれません。

児童養護施設の子どもを預かった際、

「子供にとって愛情とは本当に不可欠だと実感した」

という川勝平太知事。

静岡県は子育て支援でもかなり先を進んでいるとも言われています。

その裏には、川勝平太知事と嫁が子どもを預かる立場でいた頃の経験が活かされているのかもしれません。

スポンサーリンク




川勝平太のプロフィール

川勝平太の学歴&経歴まとめ!年収は?息子や嫁など家族構成も紹介!

名前:川勝平太(かわかつへいた)

生年月日:1948年8月16日

年齢:72歳(2020年10月現在)

出身地:大阪府

川勝平太知事は大阪府生まれの京都育ちです。

幼稚園時代からバイオリンを習うなど、かなり裕福な家庭であったことが伺えます。

中学生の時はバスケットボールにも夢中になりながらも、勉強にも熱心に取り組んでいたといいます。

近所の医大生に家庭教師になってもらい、数学数I・II・III、幾何学、そして物理の勉強まで行ってたともいいます。

shiro
shiro
中学では授業中に大学受験の参考書を読んで先生に怒られていたとも・・・!

大学3年の時に「学問の道を進む」と決心しただけあり、大学院卒業後は経済学者としての道を進みます。

早稲田大学教授時代からは、居住地を長野県軽井沢町へと移し、自然豊かな地で暮らしていたという川勝平太知事。

知事就任後には静岡市内にある知事公舎に入居していることから、現在も公舎住まいである可能性が高いと思われます。

まとめ

静岡県の川勝平太知事の学歴&経歴、年収や息子や嫁など家族構成についてまとめさせていただきました。

  • 川勝平太知事は超高学歴
  • 川勝平太知事は教授から静岡県知事になった経歴の持ち主
  • 川勝平太知事は息子がおらず、家族構成は嫁と犬

「教養がない」発言から、これまでの学歴や経歴などに注目が上がるようになった川勝平太知事。

今後もどのような話題を振りまいてくれるのか、動向に注目です!