ニュース

岩田和明のwikiプロフィール!年齢や顔画像は?炎上した経緯やDM内容まとめ

岩田和明のwikiプロフィール!年齢や顔画像は?炎上した経緯やDM内容まとめ

雑誌『映画秘宝』の編集長である岩田和明さんがとある女性に送ったDMを巡り炎上しています。

岩田和明さんとは一体どんな人で年齢や顔画像などは公表されているのでしょうか。

今回炎上するきっかけとなったDM内容や経緯なども気になります。

今回は「岩田和明のwikiプロフィール!年齢や顔画像は?炎上した経緯やDM内容まとめ」と題し情報をまとめていきます。

【顔画像】岩田和明のwikiプロフィール!年齢は?

名前:岩田和明(いわたかずあき)

年齢:40歳or41歳

生年月日:1979年

出身地:不明

岩田和明編集長は1979年生まれの40歳or41歳です。

岩田和明編集長の誕生月は公表されていないため年齢は40歳or41歳と表記させていただきました。

岩田和明編集長は2006年に洋泉社に入社し、2008年2月から「映画秘宝」の編集部員として活動していたといいます。

*画像真ん中の男性が岩田和明編集長です。

そして2012年11月からは編集長を務め、「映画秘宝」を販売部数、売上数共に右肩上がりの実績を残してきたといいます。

しかし洋泉社が宝島社に吸収合併されたことがきっかけで、2019年2月から「映画秘宝」は休刊・・・。

読者の復刊を望む声に応え、岩田和明編集長など複数で「合同会社オフィス秘宝」を設立したといいます。

そして双葉社が「映画秘宝」の商標権を取得したことから、復刊することができたといいます。

岩田和明編集長は洋泉社に入社する前から「映画秘宝」のファンだったとのこと。

かなり早い時期から編集長を務め、売り上げを伸ばす努力をするなど、仕事に対し熱心だという思いが伝わってきます。

スポンサーリンク




『映画秘宝』岩田和明編集長が炎上した経緯やDM内容まとめ

『映画秘宝』の岩田和明編集長が炎上した経緯やDM内容も合わせてご紹介していきます。

とある女性が「映画秘宝」に関してツイート

『映画秘宝』の岩田和明編集長が炎上したのは、ある女性のツイートが発端でした。

岩田和明のwikiプロフィール!年齢や顔画像は?炎上した経緯やDM内容まとめ

この女性が雑誌についてあまり良いイメージがないとツイートしたことに対し、岩田和明編集長が反応してしまったといいます。

岩田和明編集長が女性に対し「映画秘宝」のアカウントからDMを送付

岩田和明編集長は女性に対し「映画秘宝」のアカウントからDMを送付します。

岩田和明のwikiプロフィール!年齢や顔画像は?炎上した経緯やDM内容まとめ

「映画秘宝」のアカウントからDMが送られて来たこと、またその内容から女性は経緯についてツイートしたことで炎上し始めたのです。

岩田和明のwikiプロフィール!年齢や顔画像は?炎上した経緯やDM内容まとめ

女性はツイッター上に、

  • 映画秘宝のアカウントからDMが来たこと
  • 映画秘宝からのDMの内容

など次々にツイートし、ことの経緯を暴露していきます。

DMで送られて来たメッセージの内容は、

「胸が締め付けられるほど苦しくて、呼吸が乱れ」 「壊れそうなほど深く心が傷付き」 「ショックの大きさから何も手が付けられない」

などなど、かなり重いメッセージで死を連想させる言葉も並んでいたといいます。

しかし突然このようなDMが送られて来たら、この女性のように怖くなってしまうのも当然のことかもしれませんね・・・。

ツイートした女性が出版社に抗議の電話をする

ツイートした女性は「映画秘宝」の出版社である双葉社へと抗議の電話をしたといいます。

しかし女性の対応を岩田和明編集長が自ら行ったことからさらに炎上・・・。

対応に関することもネット上で情報が拡散され、さらに炎上は加速していったといいます。

なお「映画秘宝」によると、今回の件で岩田和明編集長の処分を検討しているとのこと。

「映画秘宝」は岩田和明編集長含む「合同会社オフィス秘宝」が行っているだけに今後の行方が心配されています。

スポンサーリンク




まとめ

「岩田和明のwikiプロフィール!年齢や顔画像は?炎上した経緯やDM内容まとめ」と題し情報をまとめさせていただきました。

今回炎上してしまったのは、女性のツイートに岩田和明編集長が反応してしまったことがきっかけでした。

入社する前から「映画秘宝」のファンだったという岩田和明編集長。

仕事に対する想いが人一倍強かったことが伝わってきますが、今回の件は信用を失うことに繋がってしまいました。

これだけ大きな問題となっている以上、処分は免れられないはず・・・。

今回の件は残念ではありますが、雑誌編集に対する情熱を他の部分で発揮してほしいと願うばかりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。