スポーツ

榎木和貴監督(創価大)の経歴プロフィール!嫁や子供など家族構成についても

2021年度の箱根駅伝が開催され、出場4回目にして創価大学が往路優勝を果たしました。

今回の大会で優勝候補に入っていなかったことから、世間からは驚きの声や感動したという声が上がっています。

創価大学の榎木和貴監督も往路優勝したことに対し「予想していなかった」というだけに、2日目もどのような結果になるのか楽しみですね!

ところで今回選手とともに注目されている創価大学の榎木和貴監督ですが、どのような人なのでしょうか。

今回は「榎木和貴監督(創価大)の経歴プロフィール!嫁や子供など家族構成についても」と題し、

  • 榎木和貴監督(創価大)の経歴プロフィール
  • 榎木和貴監督(創価大)には家族(嫁や子供)がいるのか

情報をお伝えしていきたいと思います。

往路優勝で創価大学の榎木和貴監督が気になった方はぜひ参考にしてみてください!

それでは行ってみましょう♩

榎木和貴監督(創価大)の経歴プロフィール!

創価大学の監督である榎木和貴監督の経歴とプロフィールについてご紹介していきます!

榎木和貴監督の経歴&プロフィール

名前:榎木和貴(えのき かずたか)

出身地:宮崎県

年齢:1974年6月7日生まれの45歳(年齢は2021年1月現在)

身長:176cm

体重:57kg(現役時代の体重)

最終学歴:大卒(中央大学)

榎木和貴監督は小学生時代から剣道を始め、トレーニングの一環としてジョギングを始めたといいます。

shiro
shiro
ジョキングを始めてから走ることに目覚めたんだそう・・・!

そして中学入学後には剣道から方向転換し陸上部へと入部。

みるみる力を発揮するようになり、長距離選手として全国大会へと出場するまでとなります。

高校は駅伝部や陸上部の強豪校としても知られる宮崎県立小林高等学校へと進学。

全国高校駅伝に出場し、区間賞を取るなど大活躍しました。

その後、大学は先輩がいたからという理由で中央大学へと進学。

箱根駅伝は1年生のときから4年連続出場&区間賞を取るなど、大きな功績を残しています。

また、

  • 3年在学時:箱根駅伝4区で3人抜きし32年ぶり14回目の総合優勝を果たす
  • 4年在学時:中央大学陸上部のキャプテンを務める

など、チームの柱として大きな活躍を残しています。

スポンサーリンク




榎木和貴監督の中央大学時代の実績は?

榎木和貴監督は箱根駅伝以外でも、以下のような実績を大学時代に残していました。

  • 1995年:第7回出雲駅伝 1区 6.0km 17分19秒(区間賞)
  • 1995年:第27回全日本大学駅伝 2区 13.2km 38分43秒(区間賞)
  • 1996年:世界ロードリレー(デンマーク)日本代表に選出

榎木和貴監督は駅伝を最も得意としていたそうで、箱根駅伝以外でも多くの記録を残していました。

榎木和貴監督の実業団時代の実績は?

榎木和貴監督は大学卒業後、旭化成陸上競技部(実業団)へと入りました。

そして2000年には別府大分毎日マラソンで自己最高ベストを記録。

しかしこの大会以降、大学時代から抱えていた坐骨神経痛が再発・・・。

その後の試合では大きな結果を残すことができなくなり、現役を引退することとなりました。

スポンサーリンク




榎木和貴監督(創価大)の嫁や子供など家族構成も紹介!

創価大学の榎木和貴監督の嫁や子供など家族構成に関してですが、実は情報が一切公表されておりません。

そのため現段階では榎木和貴監督が結婚して嫁や子供がいるかどうか明らかとなっていません。

ただ榎木和貴監督は雑誌のインタビューで、創価大陸上部の生徒とのコミュニケーションについて、

自分の子供くらいの歳の差なので」

引用元:OCEANS

と答えられています。

現在榎木和貴監督は45歳です。

嫁や子供など家族がいても良い年齢ではありますよね・・・。

しかし榎木和貴監督の選手時代までさかのぼっても、家族については一切情報がない状況です。

榎木和貴監督はInstagramの運用をされていますが、プライベートに関しては一切公表されていません。

これまでプライベートについて公にしてこなかっただけに今後も貫くかもしれませんが(苦笑)・・・

もし今後家族などについて情報が公開されるようなことがありましたらこちらにも追記していきますね!

スポンサーリンク




まとめ

「榎木和貴監督(創価大)の経歴プロフィール!嫁や子供など家族構成についても」と題し、情報をまとめさせていただきました。

榎木和貴監督が学生時代から陸上の世界でものすごい人だということが伝わったのではと思います。

今回箱根駅伝が開催される前、榎木和貴監督は創価大学が目指しているのは3位だったと語っています。

しかし今回世間をアッと驚かせてしまうような成績を残した創価大学。

これも陸上を楽しみながら取り組む榎木和貴監督の姿を選手たちが見てきたからかもしれません。

今後も榎木和貴監督は要注目ですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!