エンタメ

赤江珠緒の子供の名前や年齢は?不妊治療で娘を出産したエピソードも紹介

赤江珠緒の子供の年齢や名前は?結婚9年目の43歳で第一子を出産!

フリーアナウンサーとして活躍している赤江珠緒さんは、結婚9年目の43歳の時に第一子を出産されています。

お子さんは女の子とのことですが、年齢や名前など気になりますよね。

そこで今回は赤江珠緒さんの子供の名前と年齢、また不妊治療で娘を出産したエピソードも紹介していきます。

赤江珠緒の子供の名前や年齢は?

赤江珠緒の子供の名前や年齢は?結婚9年目の43歳で第一子を出産!

フリーアナウンサーの赤江珠緒さんの子供の名前や年齢についてご紹介していきます!

赤江珠緒の子供の名前は?

赤江珠緒さんの子供の名前は残念ながら公表されていません。

しかし出演するラジオ番組「たまむすび」では、娘さんのことを愛称で語るなど、リスナーにはお馴染みなのです。

そしてこの愛称なのですが・・・、なかなか特徴的で、

「ピンクピン太郎」

というパッと見では意味不明な名前がつけられいます。

しかし、この「ピンクピン太郎」という愛称には、きちんとした由来があるので、ご紹介していきますね。

このとのいきさつは、赤江珠緒さんが育児休暇中の頃に遡ります。

当時一緒に出演していたピエール瀧さんが、テレビで子供が「ピンクピン太郎」と答えていたことを気に入り、そこから愛称を取ったそうなのです。

赤江珠緒の子供の名前や年齢は?結婚9年目の43歳で第一子を出産!

↑こちらがその当時のインタビューを受けている時の画像です。

上野動物園にパンダの赤ちゃんが生まれてどんな名前がいいか質問された際の答えで「ピンクピン太郎」と答えているのが残っていました!

子供って面白い答えを出すから本当に面白いですよね〜。

そしてそれを自分の子供の愛称にしてしまう赤江さんもまた面白いんですけどねw。

赤江珠緒の子供の年齢は?

赤江珠緒さんの子供の年齢は現在2歳です(2020年4月30日現在)。

誕生月は7月なので、あと3ヶ月ほどで3歳になりますね!

普段は保育園に通い、活発でとっても元気な女の子だそうです。

赤江珠緒の子供の画像は?

赤江珠緒さんは子供の画像を公開されていません。

しかし、子供が誕生した直後に電話出演した「たまむすび」では、

生まれた直後:加藤一二三(ひふみん)さんにソックリ

生後1ヶ月:大相撲の力士の豪栄道に似てきた

と例えられていました。

shiro
shiro
ひふみんにそっくりという例えは初めて聞いた!

けど成長とともに子供の顔はどんどん変わっていきますからね。

赤江珠緒さんはパッチリとした目が印象的なので、ママにであればきっと今頃はとっても可愛らしいお子さんに成長しているはずです・・・!

赤江珠緒の子供は「たまむすび」に出演経験も!

赤江珠緒さんの子供は実は「たまむすび」に出演経験があります。

出演したのは2020年4月13日で電話による親子共演を果たしました。

赤江珠緒さんの旦那さんが新型コロナウイルスが出ていた影響もあり、ラジオの出演は見合わせていたため、電話で出演した回でした。

ラジオリスナーの間では「ピン太郎ちゃん」として愛されている赤江珠緒さんのお子さん。

「ピン太郎ちゃん」の突然の登場にリスナーからは喜びの声が溢れていました。

そのときの親子のやりとりは以下の通りです。

赤江珠緒さん:「ピン太郎、なに食べたか言う?きょうなに食べたいの?」

お子さん:「スパゲッティー」

「ピン太郎、なに〜」と質問しているので、もしかしたら普段からおうちでも「ピン太郎」と呼んでいる可能性がたかそうですねw。

スポンサーリンク




赤江珠緒は不妊治療を経て娘を出産!

赤江珠緒さんは30代後半から不妊治療を始め、結婚9年目の43歳の時に第一子のお子さんを出産されています。

43歳の時に第一子を出産されているので、俗にいう”高齢出産”でした。

妊活を経て妊娠、そして出産まで、と、苦労は絶えなかったそうです。

そんな赤江珠緒さんの妊娠・出産までの流れを時系列でご紹介していきます。

33歳:結婚

赤江珠緒さんは33歳の時に現在の夫と結婚をされています。

赤江珠緒さんの夫は朝日テレビ勤務で「報道ステーション」を担当するテレビディレクターです。

赤江珠緒さんは元々朝日放送のアナウンサーで、フリーアナウンサーに転身後に結婚をされています。

30代後半:妊活を開始

子供好きで知られる赤江珠緒さんですが、仕事を優先していたこともあり、9年間もの間子供に恵まれませんでした。

ただ子供を授かるには年齢の壁もある・・・ということで、30代後半に入ってから妊活に励むようになります。

しかし思うような結果が出ないことから、不妊治療へと踏み切りました。

42歳:妊娠・出産

努力の甲斐もあって、赤江珠緒さんは42歳で第一子を妊娠、そして出産されます。

当時42歳ということでかなり大きく報道されましたが、高齢出産ということもあり、出産は難産でもありました。

出産はなんと2日間にも渡り続き、最終的には帝王切開へと切り替え、出産。

苦労した上でのお子さんの誕生は何物にも変えられないほど嬉しかったことでしょうね。

赤江珠緒さんの子供に対する愛情は、メディアを通してもものすごく伝わってきます。

けどそのたくさんの愛情は、たくさんの苦労を経たからこその愛情へと繋がっているのかもしれませんね。