エンタメ

浅沼晋太郎の元嫁は誰で名前や顔画像は?離婚理由は義理家族との問題が原因か

浅沼晋太郎の元嫁は誰で名前や顔画像は?離婚理由は義理家族との問題が原因か

声優の浅沼晋太郎さんに結婚・離婚暦があったことをFLASHが報じました。

結婚したもののスピード離婚したという浅沼晋太郎さんの元嫁は誰で名前や顔画像など公表されているのでしょうか。

離婚理由は義理家族との問題が原因だったようですが、何があったのかも気になります。

今回は「浅沼晋太郎の元嫁は誰で名前や顔画像は?離婚理由は義理家族との問題が原因か」と題し情報をまとめていきます。

浅沼晋太郎の元嫁は誰で名前や顔画像は?

浅沼晋太郎さんの元嫁なのか、また名前や顔画像などは現段階では特定することはできていません。

現代で特定できている浅沼晋太郎さんの元嫁の情報は以下の通りです。

  • 結婚当時の嫁の年齢は20代後半だった
  • 元嫁は一般人女性
  • 結婚式も挙げず結婚したことを一部の人にしか報告していなかった

顔画像や名前、また結婚について公表しなかった理由は明らかとなっていません。

浅沼晋太郎の元嫁は結婚当時当時20代後半だった

嫁の当時の年齢についてFLASHは20代後半だったと報じています。

結婚相手は20代後半(当時)の一般女性で、結婚したことはごく一部の人にしか知らせず、式も挙げなかったそうです

引用元:FLASH

浅沼晋太郎さんと元嫁が結婚していたのは、2015年から2016年のおよそ1年弱だったといいます。

6年前に結婚生活を送っていたとなると、

  • 浅沼晋太郎さん:39歳前後
  • 元嫁:20代後半

で、年齢差は10歳以上あったということになります。

浅沼晋太郎の元嫁は一般人女性

浅沼晋太郎さんの元嫁に関してFLASHは「一般人女性だった」と報じています。

そのため名前や顔画像などは特定できるものは公表されていませんでした。

また浅沼晋太郎さんは結婚したことは一部の人にしか知らせず、結婚式も挙げなかったといいます。

結婚したことを公にしなかったことに関して、浅沼晋太郎さんはFLASHの取材にこう答えています。

「かなり以前に、一定の期間に結婚していたことは事実です。

自分の口からファンの方にお知らせする場を、あらかじめ決めていましたが、その時期が来るより前に、お互いのこれからを考えて離婚することになりましたので、公表できないまま終わってしまいました」

引用元:FLASH

浅沼晋太郎さんと元嫁の婚姻期間は1年ほどだったと報じられています。

また結婚を公表しなかった理由についてFLASHは以下のように報じています。

声優ファンには、真剣な恋愛感情を抱いてしまう熱狂的な “ガチ恋” も多いんです。

熱愛報道が出て好きな声優が “自分のものでなくなった” と、わかったとたん、ネットにネガティブな書き込みを繰り返すなど攻撃に転じる人も、一部にはいます

引用元:FLASH

過去にも声優さんが結婚を発表した途端、人気に陰りが見え始めたパターンもあったといいます。

もしかしたらこのような事態を避けるためにあえて公表せずここまで来てしまったのかもしれません。

スポンサーリンク




浅沼晋太郎と元嫁の離婚理由は義理家族との問題が原因だったか

1年弱でスピード離婚した浅沼晋太郎さんと元嫁の離婚理由は、義理家族との折り合いが悪かったことが原因だったといいます。

彼に離婚の理由を尋ねたところ、『義理の母との折り合いが悪かった』と、口を濁していました」(前出・舞台関係者)

引用元:FLASH

また別の関係者も以下のように暴露したといいます。

「離婚後の彼は未練たらたらで、結婚生活を懐かしむこともありましたね。

もともと下戸だったんですが、『眠れなくなったので、ウイスキーをハイボールで飲むようになった』と話していました」

引用元:FLASH

「義理の母との折り合いが悪かった」から離婚に至ったこと、離婚後も元嫁に対する未練があったことが伝わってきます。

たった1年弱で義理の母との折り合いが悪くて離婚するだなんてよっぽどのことがあったのでしょう。

元嫁に対し未練がある姿を見せたり、結婚生活を懐かしんでいたことが本当なら、嫁に対しては愛情があったと察します。

スポンサーリンク




まとめ

「浅沼晋太郎の元嫁は誰で名前や顔画像は?離婚理由は義理家族との問題が原因か」と題し情報をまとめさせていただきました。

浅沼晋太郎さんの元嫁は一般人だったため誰なのか、また名前や顔画像は公表されていませんでした。

なお離婚理由に関しては、義理家族とのトラブルが原因だったという可能性が大きそうですね・・・。

2020年には雑誌のインタビュー「10年後、隣に誰か伴侶がいてほしい」と語っていた浅沼晋太郎さん。

次こそは良い伴侶に恵まれて幸せになれることを願うばかりです。