エンタメ

安藤優子のグッディでの失言内容まとめ!パワハラ行為で炎上の過去も

安藤優子のグッディでの失言内容まとめ

8月19日放送のグッディで熱中症の症状が出ているリポーターに対し酷い態度をとり炎上しているアナウンサーの安藤優子さん。

実は過去にも大きな失言を何度もしており、ネット上では何度も叩かれていました。

また一緒に仕事をする相手に対しパワハラ行為のようなことを起こし、炎上をした過去も・・・。

今回は”安藤優子さんのグッディでのこれまでの失言内容まとめ”として情報をお伝えしていきます。

安藤優子のグッディでの失言内容まとめ!

安藤優子のグッディでの失言内容まとめ

安藤優子さんは過去にもグッディで数え切れないほどの失言を行なっていました。

ここでは大きな話題となった8つの話題についてまとめていきます。

浅田真央選手への失言

2017年に現役を引退した浅田真央選手がグッディのゲストとして出演した際のこと。

安藤優子のグッディでの失言内容まとめ

話題がトリプルアクセルになった際に、

今ではみなトリプルアクセルを跳ぶようになりました

という発言をしたのです。

浅田真央選手をきっかけにしてトリプルアクセルを跳ぶようになった選手は確かにいます。

2017年の時点で世界で七人いたことがわかっています。

しかし「みな」が飛んでいるわけではなく、飛べるのは今でも一握りの選手のみです。

知りもしないのに上から目線的な発言&知ったかぶりを披露した安藤優子さん。

日本中から愛される浅田真央選手だっただけに、大きな批判となりました。

高木美保選手への失言&行為

平壌オリンピックで金銀銅のメダルを獲得した高木美保選手は失言だけでなく、失礼な行為も受けていました。

安藤優子のグッディでの失言内容まとめ

あろうことか本人の許可なくメダルを触っただけでなく、

首凝りません?これ半端ない重さですよ

と発言したのです。

選手にとってメダルは大変な努力を重ねた上でやっとの思いでつかんだ宝物。

それを軽々しく触った行為は、世間に大きな批判を残しました。

池江璃花子選手への失言

白血病を公表した池江璃花子選手にも安藤優子さんは大きな失言をしていました。

グッディでは速報として番組内で報じていたのですが、その際、

かわいらしさとすべて持ってると思ったんですけど、武井さんのコメントじゃないですけど、神様がちょっと試練を与えたのかなと思います

と発言したのです。

神様がちょっと試練を与えたって・・・。

もし心の中でそう思ったとしても、決して口には出して欲しくない言葉ですよね。

またこの時の安藤優子さんの振る舞いにも大きな批判が起きました。

安藤優子のグッディでの失言内容まとめ

この画像は池江璃花子選手の白血病の速報を伝えている時の安藤優子さんです。

はしゃいでいるように見えてちょっとテンションがずれていますよね・・・。

この一件が大きな炎上騒ぎとなった影響もあってか、のちに池江璃花子選手はSNSで、

私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています

と発信。

安藤優子さんの失言の件もあってか、この発信は大きな話題となりました。

スポンサーリンク




Perfumeへの失言

2018年夏の甲子園の際もPerfumeに対し大きな失言をしていました。

当時大きな話題となった秋田県の金足農業高校のエース吉田輝星選手の話題になった時のこと。

吉田選手の好きな歌手をクイズで当てる流れとなり、高橋克実さんが、

「世代的なものですよね・・・。きっとPerfume?」

と発言したところ、安藤優子さんは、

ええー?すんごい昔の人でしょ、それっ

と発言したのです。

当時も今も活躍しているPerfumeに対し「すんごい昔の人でしょ」・・・って。

あまりにも失礼すぎる発言に、この時も大きな炎上騒ぎとなりました。

大杉漣の訃報に対しての失言

2018年2月に突然この世を去った大杉漣さん。

世間が大きな悲しみに包まれていた時です。

しかしそんな時にも関わらず、安藤優子さんはまたも大きな失言をしていました。

大杉漣さんの訃報が報じられた日は、

“平壌オリンピックで女子パシュートが金メダルを獲得した日”

でもありました。

そんなこともあって、安藤優子さんは番組冒頭で、

「せっかく金メダルを取ったのに、悲しいニュースが入ってきました」

と報じたのです。

もちろん日本が金メダルを獲得したのはものすごくめでたい話です。

しかしこのことに対し

「せっかく金メダルを取ったのに悲しいニュースが・・・」

という言い方はどうなのでしょうか。

やはりこの時の失言も大きな炎上となり、大きな話題となりました。

三浦春馬の訃報に対しての失言

2020年7月に突然この世から去ってしまった三浦春馬さん。

グッディでは三浦春馬さんの人生を振り返る特集が組まれ、これまでの活躍をふりかえりました。

しかし特集中盤、安藤優子さんは三浦春馬さんに対し、

良い子を演じているのに、きっと疲れちゃったのね

というコメントをしたのです。

これに対し高橋克実さんは、

「いえ違う。良い子を演じていたのではない。持って生まれた人格だと私は感じています」

とフォロー。

https://twitter.com/1113mihoneko/status/1285892758255759360

世間からは、安藤優子さんの発言が、

良い子を演じている=本当は良い子ではなかった

というニュアンスに取られ、大きな炎上へと繋がったのです。

スポンサーリンク




安藤優子はパワハラ行為で炎上した過去もあった

安藤優子のグッディでの失言内容まとめ

安藤優子さんは過去に番組スタッフに対するパワハラ行為でも炎上していました。

スポーツ選手や芸能人の時に比べ炎上の規模は小さかったものの、パワハラ行為での炎上も多々起こしていました。

三田友梨佳アナを公開処刑

グッディで共演していた三田友梨佳アナは安藤優子さんから何度も公開処刑を受けていました。

放送中にミスをした三田友梨佳アナを叱責するシーンは視聴者にはお馴染みになっていたほど。

とある時期から三田アナも言い返すようになっていきましたが、上下関係がしっかりと出ていた一例ですね。

気象予報士に逆ギレ

グッディで共演している気象予報士にも過去に逆ギレしていた過去がありました。

首都圏の天気がすぐれないなか、気象予報士が翌日の最高気温を12度と告げると、なぜか安藤は「それはあったかいと感じればいいんですか?寒いんですか!?」とキレぎみに詰問。

続けて「今朝、散歩に帽子をかぶらないで行ったら寒かった!」と、クレーマーおばさんさながらのイチャモンを付けたのである。

引用:exciteニュース

安藤優子さんの質問の仕方も悪かったのでしょう。

ただこのようなやりとりは決して珍しいことではありません。

またこのような発言や行為をパワハラと取るかどうかは人によると思います。

でもちょっとした発言をするたびに失言&炎上を繰り返すくらいなら、もう少し発言内容に責任を持ってほしいものですね。